環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

クリーンエネルギーの太陽光発電

世界の電気を支えているのは発電所です。
発電方法にはいろいろありますが、原子力発電や火力発電などが大半を占めています。
しかし、電気をつくるためにはリスクがつきまといます。
原子力発電ならば、ウランなどの核燃料を使うのです。
火力発電ならば、石油や石炭などの燃料を使います。
石油や石炭は燃えると二酸化炭素を排出します。
そして限りある資源をエネルギーとしているのです。
地球には優しいとはいえないでしょう。
では、安心して電気をつくるために他に方法はないのか考えてみましょう。
需要に応じて火力発電所はつくる電力量を変えます。
すなわち電力量を減らすことが出来れば、二酸化炭素の排出も抑えられることになります。
そこで注目されるのが、クリーンエネルギーです。
熱、電気などに変えても二酸化炭素などの有害物質を排出しないエネルギーのことをいいます。
また、水力発電や地熱発電や太陽光発電システムもクリーンエネルギーと呼ばれます。
太陽光発電システムにはいろいろなメーカーの商品があるのです。
屋根の形状や角度や素材に適したものを選びましょう。
分散させて設置するのではなく、一箇所に固めて設置するほうが効率よく太陽の光を集めることができます。
理想の角度は30度です。
真南の面に置くようにしましょう。
屋根に穴をあけて設置する場合、雨漏りを引き起こす可能性もあります。
最近では穴をあけなくても設置できる商品もあるようです。
太陽光発電システムの導入費用を回収するためには、10年かかるといわれています。
それから20年、30年と付き合っていくことになります。
その間に台風がくることもあるでしょうし、大雨が降ることもあるのです。
ソーラーパネルに傷が付いたり破損したりして、故障することもあるでしょう。
そんな時に差が出るのが、施工会社のサポート体制です。
まず、家から近ければ近いほど対応は早くなります。
売りっぱなしでなかなか連絡がつかないというのも困ります。
フットワークが軽くすぐに対応してくれたら、大きな安心につながることでしょう。
値段が安いからといって安易に飛びつかず、しっかりと見極めることが大切です。