環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

意外と効率の良い群馬の太陽光発電

群馬と言えば、言わずと知れた山間のところです。
だから誰でも、日照時間が少なくて、太陽光発電には向かないのではと思っているところです。
勿論私も、あの山間の多い群馬では、日の暮れるのも早いでしょうし、たとえ太陽光発電を取り付けたとしても、群馬での平均の日照時間を考慮した場合、採算をとるのは、かなり厳しいだろうと、そのように考えていました。
誰が考えても、それは無理な相談に思えたからです。
しかし私の知り合いが、群馬のある神社の前でお土産屋さんをしていて、その人が、環境問題に関心が強く、誰もが山間で、あまり期待のできなかった太陽光発電に挑戦したのです。
お土産屋さんで使う電気ぐらいは、太陽光発電で、まかないたいとの思いも、非常に強かったからです。
したがって、この時は大きな期待よりも、何とか地球温暖化を防ぐことに、自分も何とかして、少しでも協力したいとの気持ちで、太陽光発電の効率などは、2の次の考えで取り付けを決断したのです。
違った言い方をすれば、自分がモルモットになるとの思いだったと思います。
そしてその取り付けが終わってから、かれこれ2年になり、その成果を検証したところ、何とかなりのプラスになっていたのです。
勿論買い取り価格の変化も、プラスになった大きな要因ではありますが、群馬でも、太陽光発電の採算は、十分とれるとの検証が出来たのです。
この事があってから、この知人のお土産屋さんの仲間では、それ以来、太陽光発電の設置が多くなり、今では5件のお土産屋さんで、太陽光発電を設置しているとの事です。
そしてその思いを持ったお土産屋さんで、まだ太陽光発電を設置していないお店もあるので、今後もますます、太陽光発電の装置を設置するところが、増加するとの事でした。
この事実でもわかるように、いろんなデータで調べて、採算が合わないようなことになっている地区でも、実際にその設備を設置してみると、採算が取れる地区もたくさんあるのではと、思って期待しています。