環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

群馬の実家で太陽光発電を始めました

私が先日実家に行ってみると屋根一面に太陽光発電のパネルが付いていました。
実家は群馬の山奥の方にあります。
nullしかし、太陽の光は朝から夕方までしっかり当たる場所に建っているために太陽光発電には適しているそうです。
昼間の発電して残った電気は売れるらしく、父と母はいくつ発電していくら売ったか見るのが楽しいらしいです
発電量と売った量が見られるのは面白いと思いました。
1ヶ月通して見てみるとプラスにはならないけど、かなり電気代は安くなったそうです。
使わないのは売れるので、そのために節電もするようになったとも言っていました。
確かに使わなければ売れるとなれば、今まで以上に節電に力を入れたくなります。
パネルの値段はやはり結構高いと感じました。
300万まではいかないそうですが、気軽には付けられない値段です。
保証は10年あるそうですが、10年経ってやっと設置料分くらいの発電が出来るそうです。
10年とは先の長い話です。
しかし、父と母の話を聞いていると太陽光発電もいいなと思います。