環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

群馬県での太陽光発電の設置

企業での先輩で群馬出身の人がいます。
その人は、すでに企業をリタイアした身ですが、リタイアしてから地球環境に目覚めた人です
最近では、農地を借りて、自分で農地を耕して、その様子をインターネットで、いろんな人に、伝えています。
企業に勤めてた時は、非常に怖い存在で、我々後輩は、あまり口もきけないような存在の人でした。
それが企業をリタイアしてからというもの、信じられないような、行動をしています。
何よりびっくりしたのは、地球環境に目覚め、家では太陽光発電を取り付けて、自宅での発電をしているほか、そのデータを地域の人たちにオープンにして、太陽光発電の設置に一役買っています。
先日、その人にあっていろいろ話をする機会がありましたので、太陽光発電の効果と、役割を聞きましたところ、この地球を温暖化から守るには、とりあえず、自分の家に太陽光発電を取り付けることだといわれていました。
その理由は、とにかく、全ての人が、今、自分で出来る事を実践してゆくことが、最終的には、地球の温暖化を防ぐことになるのだと。
では今自分で出来る事はと言いますと、色々ある中で、効果の大きい太陽光発電装置を、自治体と国の援助をもらいながら、設置する事だとの事でした。
群馬の地で、このように太陽光発電の設置の促進をしている人が、同じ企業で働いていた人だと思うと、われながら非常に心強く思ったのと、誇りにさえ思うことが出来ました。
先輩、頑張れの境地です。