環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

太陽光発電選びで注意したいのは設置場所における効率です。

再生可能エネルギーの1つとして注目されている太陽光発電システムです。
国内外のメーカーの太陽電池が販売されていますし、説明書を見ても専門的な数値が並んでいますから優劣の判断が難しいものです。
太陽光が当たる事によって発電するという原理は同じですから、日照時間が長いほど発電量も多くなるという説明が多くあります。null
屋根の上などの屋外に設置される太陽電池は、気温の影響を受けますから高温になったり、低温になったりします。
メーカーの説明書による発電効率は、一定気温による実験値により算出されている場合がほとんどです。
自然の環境の中では、一日の中でも気温変動がありますし、天候の変化もあります。
太陽電池に使用されている単結晶シリコンは、高温になると発電効率が落ちるという特性がありますから、夏場に発電量が増えるとは限らないという事は、あまり知られていないものです。
晴天日数や日照時間だけでなく、気温の変化も発電効率に影響があるものです。
太陽電池に対して、直角に近い角度で太陽光が当たる場合が発電効率が高くなりますから、地域の日照時間だけでなく、屋根などの設置場所の方向や屋根勾配などによっても効率が変化します。
太陽電池の性能に注目が集まりがちですけど、設置条件を加味しておく事で、期待している発電量が得られるものです。
太陽光発電の販売競争も激化していて、業者によって発電シミュレーションの結果に差が出ていますから、複数の業者から相見積もりをとって比較する事も大切です。