環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

失敗しないために

最近、太陽光発電に対する関心が非常に高まってきています。
この背景として、一番に挙げることができるのは、やはり非常に有利な価格に設定されている再生可能エネルギーの固定価格買取制度でしょう。
さて、太陽光発電への関心が高まり、実際に設置する家庭が増えるのに伴い、太陽光発電に関連したトラブルも増えてきています
それらのいくつかについて紹介し、これから太陽光発電の設置を検討している過程への注意喚起をしたいと思います。
一つ目に挙げられるのは契約にかかわるトラブルです。
最近、訪問や電話で太陽光発電の設置を勧誘する業者が増えてきています。
それらの業者はお得感を前面に出して太陽光発電の導入を薦めてくるケースがあります。
そこで注意しなければならないのが、太陽光発電のシステム自体は安価であっても、工事費用は別途というケースもあり、それらをトータルしてみたら割安null感がなかったということもあるということです。
二つ目に挙げられるのは設置後のトラブルです。
太陽光発電では比較的重量物の太陽光パネルを多数、屋根の上に設置しなければなりません。
施工状態が悪いと家に対するダメージが出てしまったりするケースもあります。
また太陽光発電は長期間にわたり安定稼動する必要があります。
そのためにはアフターサービスが重要となってくるのですが、たとえば施工業者が離れたところにしかないと、トラブル発生時に対処してもらえないというケースもあります。
以上、最近報告されているトラブルの事例を紹介しましたが、これらから分かるのは業者選びが非常に重要であるということです。
業者選びにおいては複数の業者と交渉したり、また口コミ情報などを活用することが有効であるといえます。