環境を考えれば太陽光発電

エコな時代にエコ活動始めませんか?

設置の際の注意点

太陽光発電は、自宅の屋根に設置する事で太陽の光で発電し、余った電気は買い取ってもらう事が出来るというシステムです。
日本での普及率もどんどん高くなっていて、周囲を見渡せば太陽光パネルを屋根に乗せている住宅を見かける事も多くなりました。
環境に優しいクリーンエネルギーであり、東日本大震災以降の電力事情にも寄与できる優れたシステムだと思います。
国や自治体からの補助金もあり、10年未満で設置費用分は回収できるとされる事が多い太陽光発電ですが、どのような状況でも同じ結果が出る訳ではないという大前提があります。null
発電には太陽の光が必要になる訳ですから、日当たりが悪い場所や、晴天率の低い地域では当然発電量は少なくなります。
曇りの日でも発電量はゼロではありませんが、晴天の日と比べると雲泥の差があるのです。
また、積雪などでパネルが覆われると発電する事は出来なくなります。
このような、地域による差については、設置の際にシミュレーションを提供してもらって確認しておく必要があります。
また、設置業者は信頼できるところに任せましょう。
悪徳業者による手抜き工事で、雨漏りの原因になってしまったという例もあるようです。
また、設置する屋根は南向きがベストです。
北向きの屋根への設置は、発電率が極端に落ちてしまうのでおススメ出来ません。
出来るなら、複数の業者に見積もりを取り、適正価格で取引する事、自分の住む市町村の補助金の状況を事前に確認する事、広い視野で優れたパネルを選択する事が、トラブル防止にも役立ちます。